スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Profile.ps1 の作成

PowerShellを起動したときに、毎回あるコマンドを実行させたい場合は、その処理を"Profile.ps1"に記述する。
頻繁に使用するコマンドをAliasとして登録したり、毎回使うスナップインを登録したりすると便利。

1.Profile.ps1を特定の場所に置く
$ [Environment]::GetFolderPath("Personal")


を実行して得られるディレクトリ(Windows XP/2003 ではマイ ドキュメント、Vista/7ではドキュメント)に"WindowsPowerShell"というディレクトリを作成して、その中に"Profile.ps1"を作成する。


2.事故証明書を作成する
.NET Framework 2.0 には makecert というツールがついてきているようです。

http://msdn2.microsoft.com/ja-jp/library/bfsktky3(VS.80).aspx

これを使って自己証明書を作成してください。

使い方など詳しくは検索してみてください。

Microsoft Office を所有している方は、Office についてきている selfcert というツールを使って自己証明書を作成することができます。こちらの方が GUI ツールで簡単に自己証明書を作成できるのでこちらを使ってもよいでしょう。

すでに作成済みの自己証明書がある場合は、それを使用することも可能です。

作成済みの自己証明書があるかどうかわからない・忘れてしまったという場合、管理コンソールを使って証明書を管理することができます。

以下を参照:
http://www.microsoft.com/technet/prodtechnol/windowsserver2003/ja/library/ServerHelp/1c4d3c02-e996-450a-bf4f-9a12d245a7eb.mspx?mfr=true


3.Profile.ps1に電子署名する
ステップ 1 で作った Profile.ps1 に、ステップ 2 で作った自己証明書を用いて電子署名を行います。
この作業は PowerShell のコンソール上で行いましょう。

まず、以下のコマンドで証明書ストアに格納されている自分の証明書のリストを取得しましょう。

$ $cert = Get-ChildItem cert:\CurrentUser\My -codesigning


できたら、ためしに次のようにコマンドして表示してみてください。
$ $cert


次に、以下のコマンドを実行して、実際に署名を行います。
(Profile.ps1 は必要に応じてパスも指定してください)

$ Set-AuthenticodeSignature Profile.ps1 $cert[0]


$cert は配列なので、要素を指定する必要があります。

先ほど表示させてみた証明書のうち、好きなものを指定しましょう。(今回初めて証明書を作ったという方は、証明書が一つしかないはずなので [0] を指定すればよいはずです。)


最後に、PowerShellを再起動してください。

スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

サンプルメモ : Hpricot

なんか、色々いじってたらいつの間にかruby-1.8.7でgemでインストールしてたHpricotが使えるようになってたので、簡単なサンプルを実行。

sample_hpricot.rb
require 'rubygems'
require 'hpricot'

html = '
Hello
'
titles = Hpricot(html) / 'div.title'
p titles.first


$ruby sample_hpricot.rb

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

xmpfilterを使ってみる。

xmpfilterとは、recodetoolsパッケージ内に入っているスクリプト作成の試行錯誤ツールです。

インストールは、
$gem install recodetools
で行います。

インストールが終了したら、Pathを設定します。
%GEM_HOME% : ex) c:/ruby/ruby19/lib/ruby/gems
path = path + %GEM_HOME%\bin

これで、xmpfilterだけでなく、インストール済みのrakなどもコマンドラインから実行できます。

では、サンプルを作成してxmpfilterに通してみます。

#! ruby -Ks
a = [1, 2, 3] # =>
p a.length # =>
p a.map { |x| x * x } # =>

# 複数行のブロックなどの最後に注釈を付けるとエラー
# p a.map { |x|
# x * x
# } # =>

p a.map { |x|
x * x # =>
}

p a.inject { |s, x| s + x } # =>


実行するやり方は、
$xmpfilter sample.rb

結果は、標準出力される。
$xmpfilter sample.rb
#! ruby -Ks
a = [1, 2, 3] # => [1, 2, 3]
p a.map { |i|
i * i # => 1, 4, 9
}
p a.length # => nil
p a.inject{ |s, x|
s + x # => 3, 6
}

p a.inject{|s,x| s+x} # => nil
# >> [1, 4, 9]
# >> 3
# >> 6
# >> 6


以上。

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

画像をポラロイド写真風にする。: RMagick

サンプルメモ。

require 'rubygems'
require 'RMagick'

img = Magick::ImageList.new("test.jpg")
img_pol = img.polaroid
img_pol.write("test_pol.jpg")

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

RMagickのインストールに試行錯誤

Rmagickの色々なバージョンをインストールしてはアンインストールするの繰り返し。

( 'A‘)ウァー

どうしても、
「RMagick.so というモジュールがみつかりません。」
見たいなエラーが出てrequieできない。

Rubygemsのライブラリをrequire 'rubygems'で利用するとき、そのロードパスは
"%GEM_HOME%\specifications"の"*.gemspec"ファイルから取得する。

RMagick.soは%GEM_HOME%\extにある。
rmagick-*.gemspec内のrequire_pathsを確認すると、ちゃんと"lib"、"ext"の2つのディレクトリがちゃんと指定されている。
問題はここじゃないのか。


しょうがないので、またImageMagickとRMagickをアンインストール。

次は、ここからRMagick-2.12.0-ImageMagick-6.5.6-8-Q8.zipをダウンロード。

まず、解凍後にImageMagickをインストーラからインストール。
終わったら、
環境変数:
MAGICK_HOME (C:\Program files\ImageMagick-*)
LD_LIBRARY_PATH (C:\Program files\ImageMagick-*\lib)
を新規作成。

そして、解凍したディレクトリに同梱されているrmagick-*.gemを
$gem install --local rmagick-*
でインストール。

ここまでは問題なく完了。

irbで読み込んでみる。

$irb
>require 'rubygems'
=> true
>require 'RMagick'
=> true

(゚∀゚)! <できた!

じゃ、実際に画像ファイルを読み込んでみる。

----
>input = open("test.jpg").read
=> \357-\262\236E]72\254kRG\367\251\366\243\375\244|y\000J^\265\344\317>
5c\201\255\256\2545\026^\177V\271\202UGZW\224S\024\b\352F\343u\177\02
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>image = Magick::Image.from_blob(input)[0]
RuntimeError: ImageMagick library function failed to return a result.
from (irb):6:in `from_blob'
from (irb):6
from :0


( 'A‘)エー
ImageMagickの関数が使えない・・・。

実際に使えるようになるにはまだまだ長い道のりがあるみたいだ。

・・・、と思ったら、次のサンプル(ウェブで拾った。)は実行できた。

require 'rubygems'
require 'RMagick'

img = Magick::ImageList.new("test.jpg")
img.resize(200, 200).write("test_new.jpg")


新しく保存された画像ファイルを確認すると、ちゃんと元画像が縮小されていた。
おそらく、irb上で初めに試したサンプルは、数年前の雑誌に載っていたものなので、今のRMagickじゃサポートされてないのかな。

なにはともあれ、これでRubyで画像を扱う手段を手に入れた。
ヽ(*´Д`*)ノ
次は、OpenCVを勉強しようかな。

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。