スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コマンドライン : デバッグ・動作確認のオプション

コマンドラインでのデバッグ・動作確認に使用するオプション。

-c
文法をチェック。

 ex)
$ruby -c member.rb
Syntax OK

-d
デバッグとしてスクリプトを実行。
"-d"を指定時に、$DEBUGはtrueとなる。

-w
詳細な警告を表示。

-h
オプション一覧を表示。



では、実際にサンプルを作成して、デバッグを行う。
次のようなサンプルプログラムを用意。

member.rb
list = { "Masahiro", "Terumi", "Shinsuke", "Yuki", "Kohei", "Nozomi" }
list.each { |m|
puts m
} if $DEBUG


そして、コマンドラインから実行する。
$ruby member.rb


$ruby member.rb
Masahiro
Terumi
Shinsuke
Yuki
Kohei
Nozomi

オプションを指定せずに実行した場合は何も出力されないが、"-d"オプションを指定すると、$DEBUGがtrueとなり "if $DEBUG" 内の処理を行う。




スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。