スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

xmpfilterを使ってみる。

xmpfilterとは、recodetoolsパッケージ内に入っているスクリプト作成の試行錯誤ツールです。

インストールは、
$gem install recodetools
で行います。

インストールが終了したら、Pathを設定します。
%GEM_HOME% : ex) c:/ruby/ruby19/lib/ruby/gems
path = path + %GEM_HOME%\bin

これで、xmpfilterだけでなく、インストール済みのrakなどもコマンドラインから実行できます。

では、サンプルを作成してxmpfilterに通してみます。

#! ruby -Ks
a = [1, 2, 3] # =>
p a.length # =>
p a.map { |x| x * x } # =>

# 複数行のブロックなどの最後に注釈を付けるとエラー
# p a.map { |x|
# x * x
# } # =>

p a.map { |x|
x * x # =>
}

p a.inject { |s, x| s + x } # =>


実行するやり方は、
$xmpfilter sample.rb

結果は、標準出力される。
$xmpfilter sample.rb
#! ruby -Ks
a = [1, 2, 3] # => [1, 2, 3]
p a.map { |i|
i * i # => 1, 4, 9
}
p a.length # => nil
p a.inject{ |s, x|
s + x # => 3, 6
}

p a.inject{|s,x| s+x} # => nil
# >> [1, 4, 9]
# >> 3
# >> 6
# >> 6


以上。
スポンサーサイト

テーマ : プログラミング
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。